入れ歯


診療科目

予約確認メールQRコード
各科スケジュール
滅菌への取り組み
歯科用CTを導入
妊娠中・援乳中の方へ
医療費控除について

入れ歯の種類

総義歯
レジン床

プラスチック製の総義歯で、保険適用となります。床の素材がレジンですので、強度を保つ関係で厚みがあり、慣れるまでに装着時に違和感があります。また、プラスチックですので、飲食物以上の温度の物に晒すことはできません。

金属床

床の部分が金属でできている総義歯です。ゴールドやチタン製の床があります。薄いながらも強度が高く、装着時により違和感が少ない入れ歯です。金属製ですので、食べ物の温度が分かる点もレジン床との大きな違いとなります。

部分義歯
クラスプ義歯

両隣の歯に金属のバネを掛けて支えるタイプの部分義歯です。両隣の歯を若干削る必要があります。保険が適用できるため、費用が安く済みます。固定されてはいないため、少々異物感があることがあります。

コーヌス義歯

残っている歯に内冠という金属冠を被せ、その上から入れ歯を装着するタイプの部分義歯です。義歯の内部には外冠が付いており、装着したときにしっかりと内冠と外冠が一体化するような構造になっています。見た目がいいほか、安定感があります。

パーシャルパラレルミリング義歯

入れ歯の一部を、残存歯に装着した金具にはめ込むことで装着する部分義歯です。ただ被せるだけでなく、金具によって固定されるため、安定感があります。横揺れの心配がないため、顎骨の吸収のリスクも少ないです。

磁性アタッチメント義歯

歯根のみ残った歯に支えとなる金属を入れ、入れ歯側に小さな磁石を付けた部分義歯です。強力な磁力により、安定感のある義歯ができます。金属のバネが必要ないため、自然に見えます。安定感がありますので、咀嚼にも力を入れることができます。

フレキシブル義歯

特殊な樹脂を用いた義歯です。金属のバネがなく、審美性が高いのが特徴です。重量も軽いため、保険の部分義歯よりも装着時の違和感がありません。

保険適用の入れ歯と適用外の入れ歯の違い

保険適用の入れ歯と適用外の入れ歯は大きく言うと、品質が違います。それは素材と製作工程にかける時間の差から生まれます。保険適用の入れ歯は合わない場合、義歯床の後ろの部分が喉に近い軟口蓋に当たり、嘔吐反射を生じさせることがあります。そうなってしまうと食事や会話をするどころか、装着するのも困難になってしまいます。
保険適用外の入れ歯であれば、そもそも床を薄くして作製できるため、違和感が少なくなっています。また調整に関しても、できるだけ時間をかけられるため、よりご自分の口に合った入れ歯が製作できます。

ACCESS

HOME > IMPLANT

page_top