ホワイトニング

診療科目

予約確認メールQRコード
各科スケジュール
滅菌への取り組み
歯科用CTを導入
妊娠中・援乳中の方へ
医療費控除について

ホワイトニングのご案内

よくある質問

歯の漂白は米国では9割近くの歯科医院で行われているほど常識レベルになっています。我が国においても、すでに一大ブームの兆しが見られます。白くて美しい歯は万人の憧れで、年齢、男女、職業を問わず求められています。

ホワイトニングとは、加齢や遺伝、生活習慣によってできた歯の黄ばみを、歯を削ることなく白くする方法で、本来の白さ以上の輝きを手に入れることができます。

それでは、なぜ歯は黄ばんでしまうのでしょうか。
一生懸命に歯を磨いているのに白くならない、という方には以下のような原因が挙げられます。

加齢による黄ばみ

年齢を重ねるとともに、歯の表面を覆っている透明のエナメル質が磨耗し、その下の層にある黄色の象牙質の厚みが増してくるので、歯は黄褐色が強くなります。

生活習慣による黄ばみ

コーヒーやお茶、タバコなどを長年摂取することで、歯に着色していきます。一度沈着してしまうと、普段のお手入れではなかなか取れなくなってしまいます。

遺伝による黄ばみ

歯の色も人それぞれで、中には生まれつき黄色っぽい歯の方もいます。このような場合、歯の表面から変色が進んでいることが多くあります。

ホワイトニングの方法は、歯の表面(外側)に薬剤をつけることによって、着色物質を分解して、漂白していきます。歯へのダメージがほとんどなく、安全なので、美しく白い歯を手に入れるための理想的な方法です。

オフィスホワイトニング/ビヨンドホワイトニングシステム

オフィスホワイトニングとは医院内で行うホワイトニングです。
当院ではホワイトニング効果が高く安全にホワイトニングが行える
「ビヨンドホワイトニングシステム」を導入しています。
より効果的なホワイトニングをご希望の方にお勧めです。

熱を抑制しているため安全 特許取得済みの特殊フィルターでライトを覆っているため、強いパワーを維持しつつ、熱を抑制しています。
多くの医院で導入されて
いるから安心
多くの歯科医院で導入されているホワイトニングシステムです。沢山の患者様の歯を白くしてきた実績を持つため、安心して受けていただくことが出来ます。
ビヨンドホワイトニングの特徴
安全性

過酸化水素を利用したホワイトニングはライトを当てることで化学反応を早めます。当院導入のビヨンドホワイトニングでも光を照射します。パワーの強いハロゲン光を使用していますが、特許取得済みの特殊フィルターで覆っています。熱を抑制していますので、安全です。

短時間

高い温度を発するハロゲンランプを使用しているため、短時間で効果が出ます。ハロゲンランプは自転車のヘッドライトや懐中電灯にも使用されている、私たちの身の回りにあふれているランプです。

ホワイトニングの流れ

患者さまのご希望をお伺いし、ホワイトニングについて詳しくご説明いたします。

歯の汚れをあらかじめ落とししておき、効果が十分発揮されるように下準備しておきます。 

歯の表面にホワイトニングジェルを塗布し、光を照射します。 アフターメンテナンスの説明を受けたら終了です。

ホワイトニング1回目の行程をもう1度繰り返します。
※白さの効果は個人差があります

※自由診療で費用は2回で1セットで32,400円(税込)になります。

ホームホワイトニング/NITEホワイトエクセル

ホームホワイトニングとはご家庭内で行えるホワイトニングです。歯科医院に行かずに、ご自宅でご自分のペースで毎日少しずつ行うことが出来ます。もちろん、読書や映画鑑賞をしながら歯を白くすることが可能です。オフィスホワイトニングよりも効力の弱い薬剤を使うため、自分で行うことに不安がある方にも安心です。 やり方は、薬剤を入れたマウスピースを一定時間装着するだけです。詳しくは当院スタッフまでご相談下さい。費用・治療期間・個人別治療方法・どれくらい白くなるかなどご説明いたします。

メラニン色素沈着除去

歯ぐき(歯肉)は本来、個人差はありますが薄いピンク色をしています。しかし生まれつきやタバコなどの原因により黒や茶褐色のシミや斑点(着色)が見られることがあります。これらを「メラニン色素沈着」といいます。当院ではこれを薬品を使用して漂白し、歯ぐき本来の色に戻していきます。 1回15分程度の処置を2回(1週間あけて)行います。処置後は少し歯肉がしみるようなうずくような感じが出るのと、歯肉が2~3日白くなりますが、日常生活には支障はきたしません。 ※妊婦の方や薬剤にアレルギーのある方は適応外になります。また、半年~1年ぐらいで多少後戻りします。 ※費用は2回分で上顎5400円、下顎5400円(税込み)となります。

ホワイトニングのご案内

被せ物の種類
銀歯

金や銀、パラジウムなど様々な金属の合金でできた被せ物です。保険適応のため費用が抑えられるのが最大の長所です。しかし、審美的ではなく、経年的に腐食するほか、金属アレルギーの抗原となります。

メタルボンドクラウン

金属フレーム表面にセラミックを築盛して製作した被せ物です。非常に強度があり、変色もしにくい被せ物です。審美的ですが、内側に金属を使用するため、金属アレルギーの抗原となる可能性があります。

ジルコニアクラウン

クラウンのフレームの部分に金属ではなくジルコニアを使用した被せ物です。金属を使用していないので審美的に優れています。表面が滑らかでプラークが付着しにくいため清掃性が良いと言えます。

e-maxクラウン

従来のセラミックよりも強度が高いため、フレームが必要のないセラミックの被せ物です。強度が高く、清掃性が高い特徴があります。フレームの加工費がかからないため、コストが安いのもメリットです。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとレジンのハイブリッドの被せ物です。金属を使わないため、自然な色調が得られます。保険の物に比べると変色しにくいと言えます。コストは保険適用外のものの中でも安めです。

ゴールドクラウン

18金合金で作られた金色の被せ物です。18金は歯のエナメル質との適合度が高いため2次カリエスの可能性が低いと言えます。強度が高いため、噛む力が強い方や奥歯にも使用することができます。

詰め物の種類
オールセラミックインレー

e-maxの詰め物です。審美的で強度に優れていて、経年的劣化がほとんどありませんが、コストは高めです。厚みを確保するため健全な歯質も削る場合があります。破折や脱離の可能性が稀にあります。

ハイブリッドインレー

セラミックとレジンのハイブリッドの詰め物です。自然な色調が得られ、コストは安めです。セラミックに比べ強度、審美が劣ります。厚みを確保するため健全な歯質も削る場合があります。破折や脱離の可能性が最も高い詰め物です。

ゴールドインレー

18金でできた詰め物です。歯のエナメル質との適合度が高いため、2次カリエスの可能性が低くなります。強度が高いため、噛む力が強い方や奥歯にも使用することができます。

e-ダイレクトボンディング

他の歯科技工過程を必要とする詰め物と違い、歯に直接接着させる修復方法です。外れにくく、健全な歯質はほとんど削りません。二次カリエスのリスクが少なく、コストは安めです。最短1回で終わります。

ACCESS

HOME > WHITENING

page_top