滅菌への取り組み

診療科目

予約確認メールQRコード
各科スケジュール
滅菌への取り組み
歯科用CTを導入
妊娠中・援乳中の方へ
医療費控除について

妊娠中・援乳中の方の治療のご案内

滅菌はなぜ必要なの?

歯科治療は、たくさんの細菌がいる口腔内で細菌の除去をしたり、被せ物をしたります。当然、器具には細菌が付着します。そのため、器具に細菌が付いていれば、せっかく除去してもまた細菌に感染してしまいます。そこで菌を滅する作業が必要なのです。


消毒だけでは不充分

煮沸消毒すれば、たいていの細菌やウィルスは死滅しますが、それだけでは高温に強いウイルスや、細菌の芽胞を死滅させることはできません。「滅菌」は、細菌の数を減らす効果のある「消毒」とは違い、全ての菌を滅します。これにより、血管内に細菌が入ることや、被せ物をするときに細菌が残ることがなくなります。

当院の滅菌器は世界最高水準のクラスB

滅菌はオートクレーブという滅菌器を使って、121℃または130℃以上の高温の蒸気に器具を晒すことで行います。滅菌力の強さにより機器の品質には段階があり、ヨーロッパ規格では上からB、S、Nにクラス分けされています。当院ではまだ日本で導入の少ない、世界最高水準のBに値する滅菌器を導入しています。最高レベルの滅菌処理を施した器具にて患者様の治療を行っております。

お一人お一人にディスポーザブルの器具で

器具の滅菌はとてもコストがかかります。そのため、滅菌を徹底していない歯科医院が多いという報道もありました。しかし、歯科治療で細菌感染してしまっては治療の意味がなく、感染症対策は患者様の治療に際して不可欠な準備です。当院では更に、滅菌が可能な器具に関しては滅菌を、滅菌が不向きなコップやエプロン、グローブに関してはディスポーザブル(使い捨て)製品を使用し、常に新品のものをご利用いただいております。


器具も患者様ごとに交換

滅菌処理を行うのは、ピンセットやスケーラー、バキュームの先のゴム製チップ、注射筒カートリッジなどだけでなく、歯を削る装置であるハンドピースも滅菌を行います。ハンドピースは滅菌処理により傷みやすくなるのですが、それでも感染症対策のためには滅菌が必要です。

なぜなら、ハンドピースのエアタービンは水や空気の噴射をやめた際の逆流で、血液などが入り込む可能性があるからです。そのため当院では、ハンドピースは患者様ごとにお取替えし、滅菌処理しております。

ACCESS

HOME > ORTHODONTICS

page_top