小児歯科

診療科目

予約確認メールQRコード
各科スケジュール
滅菌への取り組み
歯科用CTを導入
妊娠中・援乳中の方へ
医療費控除について

小児歯科のご案内

よくある質問

小児歯科では虫歯治療・予防や歯磨きの指導を行っています。乳歯から永久歯に生えかわる過程で、しっかりとケアすることは歯並びや発音、その他の機能にも関わってくる大事なことです。

乳歯と永久歯はどちらも歯である事に変わりありませんが、作りが全くと言っていいほど異なります。例えば、乳歯は永久歯に比べて軟らかい、食生活の影響を受けやすい、う歯になりやすい、などが挙げられます。

乳歯の下には永久歯が出てくる準備がされているため、乳歯のカリエスを放置すると正常な咀嚼ができず、顎の発育に影響をあたえるのです。いずれにせよ、乳歯だからといって虫歯を放置するのではなく、良好な永久歯へのステップアップと考え、早めに治療を受けるようにしましょう。

子供の虫歯の特徴

なんといっても進行が早いのが特徴です。一概に言えませんがお子さんによっては信じられないぐらいのスピードで虫歯が進行します。特に4~5歳ぐらいまでは十分に気をつけなくてはいけません。

母子感染予防

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。お母さんが口移しで物を食べさせたり、おとなが使った箸で赤ちゃんに食事をさせたりした時に、ミュータンス菌などの細菌が増えてお口の中の病気の原因となります。小さなお子様にとって、歯の痛みは負担が大きいです。早期発見のため、定期健診をおすすめします。

小児矯正について

小児の矯正は基本的に正常な永久歯列へと誘導することを考えます。小児期はあご、顔面、歯が発育・成長を続ける重要な時期です。特に噛み合わせは将来の適切な噛み合わせを作るために重要です。

チャイルドスペースについて

当医院ではチャイルドスペースをご用意しております。
お子様を預け、安心して診療できます。
どなた様もお気軽にご利用下さい。

ACCESS

HOME > PEDODONTICS

page_top