歯科口腔外科

診療科目

予約確認メールQRコード
各科スケジュール
滅菌への取り組み
歯科用CTを導入
妊娠中・援乳中の方へ
医療費控除について

歯科口腔外科のご案内

歯科口腔外科とは、口の中の外科一般の処置を行う科です。
歯科ではおもに、「虫歯」「歯槽膿漏」の処置を行いますが、それ以外にも口の中にはさまざまな病気があります。たとえば、

  • 顎が痛い、開かない。
  • 親知らずが痛い。
  • 口内炎がなかなか治らない。

口腔外科では、このような口腔、顎などに起こるさまざまな病気を診断・治療する科です。違和感がある方やお悩みの方は、まずはお気軽にご相談ください。

主な口腔外科疾患
埋伏歯・親知らず

歯が骨の中や歯肉の下に埋まっている状態を言います。埋伏歯には元々はえてくるはずの歯が埋まっている場合と、余分な歯が埋まっている場合とがあります。埋伏歯の中で一番多いのが「親知らず」です。

親知らずは抜かなければいけないのでしょうか?

親知らずがきちんとはえていてしっかりと咬んでいる場合や、完全に顎骨の中に埋まっていて隣の歯への障害がない場合には急いで抜く必要はありません。しかし、親知らずのまわりの歯肉が腫れている、穴があいている、しみる、咬むとが痛い、などの症状がある場合は抜いた方が良い場合もありますので、歯科医にご相談ください。

顎関節症(がくかんせつしょう)

口が開きにくい、開けるときに痛い、カクカクと音が鳴る、という症状があります。噛み合わせや、歯ぎしりが原因でこれらの症状を引き起こすこともありますので、思い当たる方は一度当院へご相談ください。

粘膜疾患

舌や歯肉、頬の粘膜が赤くただれたり、小さな潰瘍ができることがあります。口の中にはさまざま菌があるため、病気も口内炎から口腔がんまで多様です。歯周病や口内炎に見える口腔がんを発見することもあります。症状が一向に良くならない場合は、ご相談されることをおすすめします。

ACCESS

HOME > ORAL SURGERY

page_top