Q&A

診療科目

予約確認メールQRコード
各科スケジュール
滅菌への取り組み
歯科用CTを導入
妊娠中・援乳中の方へ
医療費控除について

小児科 Q&A

小児歯科には何歳になったら診せに行けばいいですか?

子どもの前歯が出揃うのは、ちょうど1才を過ぎてからです。 この頃が小児歯科を初めて受診する良い時期と思われます。おかあさん方にも是非虫歯予防に関心を持っていただき、歯磨きや食事、おやつ等について一緒に考えていきましょう。

虫歯予防として、甘いものは控えさせたほうがいいですか?

お口の中にダラダラと甘いものがあるという状態は避け、決まった時間におやつとして与えるようにしてください。また、甘いものを食べた日は夜の歯磨きを念入りにするよう習慣付けましょう。ジュースやスポーツドリンクには大量の糖分が含まれているので要注意です。

乳歯の虫歯は永久歯に影響しますか?

乳歯の虫歯を放置しておくと、永久歯が変色したり、柔らかくなってしまったりと、悪い影響が考えられます。また、虫歯によって抜歯した場合、永久歯の不正咬合の原因にもなりますので、早期治療を心がけましょう。

矯正歯科 Q&A

何歳くらいに相談したらいいのでしょう?

一概に何歳とはいえませんが、歯並び、噛み合わせは、歯の問題とあごの骨格的問題の組み合わせで、症状が決まってきます。骨格的問題が含まれている場合は、小さいうちに(早ければ3歳くらいから)治療開始しないと、きちんと治りません。気がついた時点でなるべく早く矯正歯科専門医に相談しましょう。

矯正治療中、痛みはありませんか?

矯正治療で初めて装置をお口の中に入れて4,5時間位で歯が動く準備を始めます。それに伴い、個人差はありますが歯が浮くような違和感や、噛むと痛いといった症状が現れることがあります。通常、2,3日で治ります。ただ、個人差がありますので、初めからほとんど違和感すらない方、長く1週間位、続いてしまう方もいらっしゃいます。もしも痛みが何日もつづくようなら、ご相談ください。

矯正治療中に気をつけなければならないことは何ですか?

矯正中にいちばん気をつけなければならないのは、虫歯や歯肉炎、歯周病など、歯や歯ぐきの病気です。そのために、甘いものや歯に詰まりやすいものはなるべく食べないように注意します。そして担当歯科医の指示に従って、きちんと歯を磨くようにしましょう。また、硬いものを食べたりすると装置が壊れてしまうことがありますので、なるべく硬いものは避けましょう。

インプラント治療 Q&A

誰でもインプラント治療は受けられますか?

年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から、普通の健康な方であれば基本的に誰にでも歯科インプラント治療を受ける事が出来ます。

ただし、お口の衛生状態の悪い方、全身疾患(心臓病・糖尿病・腎疾患・肝疾患・喘息などの呼吸器系疾患・高血圧等)のある方、妊娠中の方などはインプラント治療に必要な手術が難しくなるため、インプラント治療を受けられない場合があります。いずれにしても、患者様により症状が異なりますので、担当医師より十分ご説明いたします。

治療期間はどのくらいかかるのですか?

患者様の症状にもよりますが一般的に、下顎の場合は通常4ヶ月くらい、上顎の場合は7ヶ月程度が必要になります。また、顎の骨の量等によってサイナスリフト法等の補助手術を行った場合は、一次手術までの期間に4~8ヶ月が必要となります。

インプラントはどれくらい持ちますか?

インプラントはとても丈夫なチタンでできてますから、問題が無ければ半永久的に機能します。しかし、残存する歯の本数・歯にかかる負担の度合・かみ合わせ等やお口の中の衛生状態が悪かったり、適切な点検を行わないとその分、寿命が短くなります。ですので、日頃のケアと定期的なメンテナンスが重要です。

ホワイトニング Q&A

ホワイトニングは誰にでも有効ですか?

誰でもできるというわけではありません。ホワイトニングが有効かどうかは、歯科医師とよく相談して下さい。虫歯が多い場合や知覚過敏がある場合、また歯に大きな亀裂がある場合には、ホワイトニングが出来ないことがあります。
また、人工歯、詰め物、金属により変色してしまった歯などはホワイトニングができません。

治療期間はどれくらいですか?

歯が白くなる期間には個人差があります。また、歯によっても白くなりやすい歯とそうでない歯があります。シェードガイドにより現在の歯の色を測定し、ホワイトニング後の色を予測しますが、はっきりと期間と効果を限定することは出来ません。通常は2週間ホワイトニングを続け、効果を測定してから終了か継続かを決定します。

ホワイトニングの効果はどれくらい持続しますか?

ホワイトニングの効果は永久ではありません。ホワイトニングの効果を少しでも維持させるためには、日常のお手入れが欠かせません。たばこ、コーヒー、紅茶、コーラ、カレー、赤ワイン等が歯の着色を促進します。1年に1~2回、1~2日の追加ホワイトニングを行うことにより解決します。

ACCESS

HOME > FAQ

page_top